帝王切開のデメリットって?後悔よりも良かったと思うぞ!

Caesarean section 帝王切開

帝王切開のデメリットってなに?

実際に帝王切開を体験してみて、後悔するよりも「帝王切開で良かった」と思う部分の邦画大きいです。

その理由も一緒にご紹介していきます。

帝王切開のデメリットって?

Caesarean section 帝王切開

帝王切開をする前は「本当に帝王切開で大丈夫なのかな?」と心配になることが多いです。だって、お腹を切るわけですからね。

 

じゃあ、どんなデメリットがあるのかな、というと。私が体験した中で感じたことは

 

帝王切開のデメリット
  • 赤ちゃんが産まれてすぐに抱っこできない
  • 術後の数日間は傷口が痛い
  • 後陣痛が自然分娩よりも痛いと言われている
  • 傷口のケアが必要
  • 長時間連続の赤ちゃんのお世話が傷口の負担になる

 

この中で1番デメリットだと感じたのは、赤ちゃんが産まれてもすぐに抱っこができなかったことです。

 

おそらく病院によって違うと思うのですが、私が通っていた病院では手術台に両手が固定された状態でした。両手を開いた状態で固定されていたので、赤ちゃんが産まれても私は腕を動かせません。

 

旦那さんが抱っこをして赤ちゃんをそばに連れて来てくれたけど、自分で抱くことはできず、顔を赤ちゃんに近づけて触ろうと必死でした。(笑)触りたい、抱っこしたい、と強く思っても、腕の固定は外されることなく赤ちゃんは別室へと運ばれていきました。それを横目で必死に追う私。

 

すぐに抱っこしたかったし、触れたかったです。

 

これが1番デメリットだと感じています。手術前に担当医の先生に「赤ちゃんをすぐに抱っこできますか?」と聞いたら、できるって言われていたんです。てっきり手術台の上で抱っこできると思っていました。それなのに、すぐにできなくてびっくり。ショックでしたよ〜。

 

その後、術後回復室で3時間半体を休めて、病室へ移動。その後、初めて赤ちゃんが運ばれてきて、ベッドで寝ている私の横に赤ちゃんを寝かせてもらえました。産まれてから約4時間半は、赤ちゃんに触れられなかったです。それが今でも悲しい・・・。というか、忘れられません。

 

それ以外のことは、やっぱり体にかかる負担がデメリットになりがちです。

 

後陣痛も痛かったし、傷口も気をつけていないと痛いことがあります。特に手術直後の数日間は痛みが強いです。初めて動いた時は激痛!!あれは痛かった〜。ホントに。

 

でも、その日を乗り越えたら痛みはどんどん良くなっていきます。手術から4日後くらいには普通に歩けるし、手術をしたことも忘れてしまうくらい痛みがないことも!最初さえ乗り越えたら大丈夫です。むしろ、自然分娩よりも体は平気なんじゃないかな?って思っています。(と言っても、帝王切開しか経験がありません。笑)

 

後悔よりも、帝王切開で良かったと思うことがたくさん!

Caesarean section 帝王切開

実は私、帝王切開で良かったと今では思っています。

 

はじめは自然分娩を希望していて、妊娠39週で帝王切開が決まった時はすごくショックでした。どうにかして自然分娩にできないのかと考えまくりました。

 

でも、帝王切開の経験者の方のコメントを見ていると、だんだん帝王切開の方が良いかもしれない・・・と思い始めたんです。そして実際に経験して、帝王切開で良かったと感じています。

 

私がイメージしていた帝王切開は、ずーーーっと手術跡が痛いイメージがありした。が、実際に私自身が痛いと感じたのは手術から4日後くらいまで。ものっすごい痛いのも最初の1日位です。想像していた以上に痛みはすぐになくなっていくのでビックリでした。

 

また、手術自体も1時間弱で終わるし、旦那さんは確実に赤ちゃんを産まれてすぐ抱っこできるし、産後も普通に椅子に座れるし。「あれ?なんかすごく楽じゃない?」と思えてしまえる部分もあります。

 

傷口は痛いですよ。痛いです。

 

でも、手術と聞いてイメージするような、猛烈な痛みは数日でなくなりました。産後もいろいろ痛いし、動くと辛い部分もあります。でも、自然分娩の方に比べて体力が残っている分、体には負担がかかりにくい気がするんです。

 

だから、帝王切開前の自分に「帝王切開で良かったって思えるよ」って今なら言えると思います。

 

帝王切開は赤ちゃんの負担も少ない

Caesarean section 帝王切開

帝王切開はママの体の負担だけでなく、赤ちゃんの体の負担も少ないそうです。産道を通る時、赤ちゃんはとっても苦しいって聞いたことがあります。でも、帝王切開の場合はビックリするくらいスパッと産まれてくるので、お腹の中で静かに寝ている赤ちゃんにとっては驚きですよね。ビックリしてるところを想像すると可愛い〜。(笑)

 

私が帝王切開になった理由の1つが、赤ちゃんの頭と体重が大きく、予定日を過ぎても陣痛が来なかったら赤ちゃんが産まれてくる時に命の危険に関わる可能性があるからでした。

 

大きい赤ちゃんだと出てくるのも大変だし、とっても苦しいんです。そう言われると、「赤ちゃんが危ない目に合うんだったら、帝王切開にしよう!」と心が決まりました。

 

自然分娩だと何時間もかかる出産も、帝王切開だと1時間弱ですからね。赤ちゃんの苦しさが少ないのも納得!

 

ママだけでなく、赤ちゃんにとっても産まれてくるのは一大事。赤ちゃんにとってもリスクが少ないのであれば、それも1つのメリットですよね。

帝王切開後の家事って、どれくらいやってもOK?いつから始める?

http://pregnancy-baby.life/enzyme/