帝王切開後の「おなら」が多い〜!

Caesarean section 帝王切開

帝王切開後に痛み以外で悩まされたことがありました。

それはなんと、「おなら」です。

どんなことに悩まされたのか、私の経験談を書いていこうと思います。

帝王切開後の「おなら」が臭いよ〜!

Caesarean section 帝王切開

帝王切開といえば、お腹を切り開く手術です。なので、やっぱり術後に痛いんじゃないかな?って心配になりますよね。

 

もちろん、全く痛いなんてことは言いません。やっぱり、多少なりとも痛い時はあります。

 

でも、痛み以外で悩まされたことがあるんです。それが今回のテーマ、おならです。

 

帝王切開後はガスがお腹に溜まる、溜まる。

 

かなり頻度が多い!お腹にガスが溜まるので、どんどんおならが出てきます。おならを我慢すると帝王切開後の傷が痛くなるんです。だから我慢もできません。

 

私の場合、ずっと旦那さんは病室にいてくれたんですが、できるだけ音をたてないように必死でしたよ〜。

 

でも、看護師さんに「ガス溜まってますか?ちゃんと出してますか?」と聞かれた時は、元気よく「はい!出してます」と答えちゃいましたけどね。(笑)旦那さんは多分聞いてないふりしてくれてました。

 

帝王切開の傷が痛むので、看護師さんからはガスをしっかり出すように指示をうけていました。旦那さんもそれを知っていたので、ブーブーおならをしても問題はなさそうでしたが・・・やっぱり恥ずかしいですよね。

 

帝王切開が関係してるの?

Caesarean section 帝王切開

帝王切開からしばらく経って、ふと気がついたのが「あれ?なんかオナラが臭いぞ!?」ということ。こんなに前から臭かったっけ?と思い返してみると・・・

 

確かに、妊娠後期にもおならが臭かった気がします。でも、病院ではこんなに臭くなかったのに!と一人で戸惑ってしまいました。

 

産後は腸の動きが鈍くなることがあるので、便秘気味になっておならが臭くなる傾向があるそうです。でも、全然便秘じゃないんです。

 

そこで、いろいろ調べてみると食事の内容や、食事のペースも関係しているみたい。食事のペースは赤ちゃんのお世話をしながらだと急いで食べちゃうことも多いし、なかなか難しいな〜。

 

食事の内容をおならの臭くならないような食べ物にするのが1番良さそうです。おならのためだけに好きな食べ物は我慢できなさそうですが・・・。(苦笑)

 

帝王切開後はたくさんのトラブルがやってくる!

Caesarean section 帝王切開

帝王切開をすることで、たくさんのトラブルがあります。特に術後2ヶ月以内は思うように体を動かせないことも多いです。

 

でもこれって、自然分娩でも同じですよね。

 

妊娠はやっぱり命がけなんだな〜と改めて感じています。その分、術後はできるだけ無理をしないことが大切です。「できそう」と思っても、頼める人がいる時は頼むのが良い!と声を大にして言いたいです。