帝王切開の痛み、どうやって乗り越えたらいいの!?

Caesarean section 帝王切開

帝王切開の痛みは、実際に手術を受けてみないとなかなか想像しずらいですよね。私も帝王切開を受けるまでは「どれくらい痛いんだろう?」「どうやってみんな痛みを乗り越えてるんだろう?」と想像ばかり膨らませていました。

実際に手術を受けてみて、どうやって乗り越えたら良いのか試行錯誤してみました。これから帝王切開を受ける方の参考になればと思います。

帝王切開の痛みを乗り越えよう!

Caesarean section 帝王切開

帝王切開の痛みは私の想像と全く違っていました。

動くたびに痛いとか、眠れないほど痛い・・・ということを想像してました。でも、実際の痛みは2種類あったんです。

まず、手術当日から実際に動けるようになるまでの痛みがあります。そして数日たち、動けるようになってから痛みを感じなくなくなるまでの間。この2段階があります。最初の段階である「手術当日→動けるようになるまで」の間は点滴による鎮痛剤であまり痛みを感じることはなかったので、最初の1〜2日は痛みの心配はないかと思います。

痛みの種類としては、後陣痛の痛みです。この痛みは前駆陣痛と似ています。生理痛の重い感じと言ってもいいかも。ただ、これらの痛みに比べて少し・・・いや、私の場合はかなり強い感じでした。


後陣痛の場合は出産後に感じる痛みで予防は難しいと聞きました。し、実際に予防ができませんでした。子宮が小さくなっていく時に伴う痛みなので、予防しようがないですもんね。

なので、帝王切開の切った痛みだけでも予防するのが良いかと思います。

帝王切開自体の痛みが出てくるのは、だいたい手術後に「動いてくださいね」と言われるようになってからです。「動いてくださいね」=「トイレは歩いて行ってくださいね」ということです。私は個室だったのでトイレは同じ部屋にあってベッドから2〜3メートルのところにあったけど、それでもトイレまでがすごく痛くて辛かったです。

スクリーンショット-2019-11-23-14.40.59.png
この時に感じる痛みは、まさに指や足などを切った時に感じる痛みの強いバージョンがお腹にある感じ!


しかも、トイレをする時に膣かな?子宮かな?とりあえあず、そのあたりが刺激されて、尿道を尿が通るときにも痛みがあります。

多分後陣痛の影響と帝王切開で切った傷の痛みの両方なんだと思うんですが、とにかくおしっこが痛い!(笑)尿道が痛いんだけど、子宮に響く感じです。


これらの動き以外では、痛みを感じるのは腹筋を使った動きをする時

なので!

いかに腹筋を使わないで動くかがポイントだと気づきました。そこで、私が意識をしたポイントをいくつか参考にしていただけたらと思い、ご紹介していきます♪

帝王切開の痛みの乗り越え方

Caesarean section 帝王切開

私流の帝王切開の痛みを乗り越え方についてご紹介していきたいと思います。まず、痛みを予防するには2段階の方法があります。

  1. 手術後に初めて動くタイミング(術後当日〜1、2日目)
  2. 動くことに慣れて、痛みが少し減ってきたタイミング(手術後2、3日目以降)


手術後に初めて動くタイミング

手術後に初めて動くときは、手術前後から麻酔が切れてしばらくの間「安静に」と言われて体を動かしていない状態からスタートになります。そのため、体は少しかたまっていて少し動かすだけでも痛みが【ズキーーーーン】と響きます。

例えば、筋肉痛が1日の中で1番痛く感じるのは朝起きた時、と経験したことはありませんか?帝王切開後の痛みもそんな感じです。かたまった体の状態から動き始めたときが1番痛かったです。

これを乗り越えると痛みはグーーーンと減るので、まずはこの第一段階を乗り切ることを目標にします!

スクリーンショット-2019-11-23-14.40.34.png
この時のポイントは、とにかく呼吸を意識するということです!


動き始めると・・・正直、すんごく痛いです。でも、その痛みに集中していると呼吸が止まってしまうし、痛みもさらに強く感じてしまいます。そこで、自然分娩と同じように「呼吸」に集中すると痛みが軽減しやすいことに気がつきました。

痛みがあっても呼吸をしっかりすると、痛みが軽くなります。

鼻から息を吸って、口から吐きます。

このときのポイントは、息を吐くことに集中すること!

息を吐けば自然と体は息を吸い込むようにできているので、息を吐くことに集中して呼吸を整えます。動きながら呼吸をしっかりと行うと、痛みの感じ方が違います。(と言っても、痛いですが。笑)

動くことに慣れて、痛みが少し減ってきたタイミング

手術後に初めて動いた時に比べると、その翌日くらいから痛みが急に減ります。

私は、手術後初めてのシャワーは1人で浴びられないくらい痛みを感じていました。でも、その翌日は「え?昨日の痛みはどこ行ったの?」と言いたくなるくらい、1人シャワーが余裕!なんなら、トイレもほとんど痛くない!

スクリーンショット-2019-11-29-14.32.58.png
じゃあ、もう痛くないの?
スクリーンショット-2019-11-23-14.40.39.png
痛くないよ、と言いたいけれど「痛みはある」というのが本音!


でも、痛みは前日までと比べて比較的楽に感じられました〜。前日はどうなることかと思ったけど、この日くらいから「耐えられるかも」と余裕ができて来た感じです♪

痛みがあるタイミングと言えば、だいたい腹筋を使った動きのときです。

痛みを感じやすい動き
  • ベッドから起き上がる時
  • 立ち上がる時
  • 歩く時

この動きをするときは、どうしても腹筋を使うことが多いので痛みを感じやすくなります。じゃあ、この動きをする時にどうやって痛みを予防するのか・・・

スクリーンショット-2019-11-23-14.40.34.png
実は、2つの予防アイテムがあるんです♪
それを使うことで、痛みを少しだけ予防することができます。


帝王切開の痛みを予防する2つのアイテム

帝王切開の痛みを感じやすい腹筋を使った日常的な動き。この時に予防するアイテムは2つあります。

では、どんなアイテムなのか、どうやって使うのかご紹介しますね♪

① S字フック

 

 

 

1つ目のアイテムはS字フックです。

起き上がる時にどうしても腹筋を使うと傷が痛むので、S字フックをベッド脇の引っ掛けられるところに引っ掛けて、腕の力で起き上がる方法です。

病院のベッドが自動で起き上がってくれるものであれば便利ですが、どっちにしても腹筋を使って起き上がることになります。


起き上がる時、けっこう痛いんです。

な・の・で!

それを少しでも緩和するにはS字フック、オススメです♪

もしS字フックがなくても、ベッド脇に腕で体を起こせるパーツがついている場合は、この取っ手自体を掴んで起き上がっても良し!↓

ベッド脇の起き上がる手助けになるものがついている場合は心配ないですよね♪でも、これがもしなかったら・・・、手が届かなかったら・・・、けっこうツライです。この取っ手が遠くにある場合もツライ!

それだったら、とりあえずS字フックの助けになるのはありです!

ベッドがどんな感じなのか、事前に出産予定の病院で見せてもらうのもありだと思います。

②腰帯、コルセットを巻く

帝王切開で切った場所に服がすれたりすると痛みがあります。また、体を動かす時に傷口がひっぱられたり、ちょっとひねられたりする時も痛い!

それを予防するのが【腰帯】あるいは【コルセット】です!

私はこんな感じの腰帯を使いました。かなり傷口がカバーされるので痛みはグーンと減ります!後陣痛や腰痛を抑えてくれる感じもして、出産直後からしばらくの間重宝しました。あってよかった!と思うアイテムです。

私が購入した腰帯はこんな感じのものでした。


しっかりと腰回りをカバーしてくれるので、妊娠中に開いた骨盤を支えてくれている感じがしました。看護師さんに聞くと、出産後2〜3日から使えると言われたので、すぐに使い始めたのも良かったんだと思います。

スクリーンショット-2019-11-23-14.40.34.png
帝王切開用のものと、自然分娩用のものがあるので、どちらに対応しているものか確認してから購入するのが必須です。


帝王切開の傷口も衣類などが擦れると痛いし、摩擦が多いと跡に残りやすいそうです。それを予防するためにも、コルセットや腰帯は結構オススメ!きちんと巻いていたおかげで、退院してすぐに動いても痛みが少なかったです♪

今は帝王切開をしてちょうど1ヶ月が過ぎたくらいです。コルセットのおかげで回復が早かったのか、今ではコルセットなしで動いても痛みはほとんどなし!

スクリーンショット-2019-11-23-14.40.44.png
完治とは言えないけど、日常生活ではほとんど痛みはありません♪


帝王切開の痛みがあるときは、しっかり休む!

Caesarean section 帝王切開

痛みがある時、いろんな対策があるけれど・・・

やっぱり一番効果的なのは「休むこと」です!ただ、痛い痛いと言ってずっと動かないのも回復が遅れるそうです。

スクリーンショット-2019-11-23-14.40.34.png
私は看護師さんに「痛いです・・・」と訴えたら、「はい、歩いて回復促してね〜」と言われちゃいました。(笑)


なので、適度に動いて適度に休むこと。

これが大切だということですね♪そのおかげで私も術後2週間でかなり楽になり、1ヶ月後には痛みを感じることはほとんどなくなりました。

帝王切開をすることは怖いですが、赤ちゃんに会えたときの喜びは、もう言葉にすることができません。また帝王切開で生みたいですか?って聞かれたら「うーん・・」って考えるけど・・・。(笑)でも、どうすれば体に負担がかからないのか学んだので、2人目を生むなら頑張れそうな気がするかな!