帝王切開後の食事はいつから?病院食の内容とは

病院食

帝王切開の前後は、通常の食事とは違っています。でもいったい食事はいつから食べられるようになるのか気になりますよね。

病院食はどんな感じだったのかも一緒にご紹介していきます。

 

 

 

帝王切開前後の食事とは?

Caesarean section 帝王切開

帝王切開前の食事はいつも通りでOKでした。ただ、手術の約10時間前には食事を終えるように指示を受けました。胃の中を空っぽにしないとダメだそうです。

 

私は朝7時から帝王切開予定だったので、前日の夜8時くらいに夕食をとりました。

 

飲み物も夜の10時以降は摂取しないでくださいね~と言われていたので、喉が渇いた時はうがいをして口お中の乾燥を予防。ただ、点滴でしっかりと栄養と水分を補給してくれていたので、想像していたよりは喉の渇きは感じなかったです。

 

帝王切開後の食事はいつから?

とっても気になるのは帝王切開後の食事ですよね。私の場合は、手術を行った日の夜から食事が出ました。

 

手術を行ったのが朝7時からだったので、そこから計算すると約12時間後の食事開始。日本の病院だと昼間に手術をすることも多いと思うので、もしかしたら翌日から食事になる場合も考えられますね。

 

術後初めての食事内容は・・・

 

帝王切開後初の食事内容
  • すりおろしたリンゴ
  • ゼリー
  • あったかいお茶
  • コーンスープ(多分)

 

固形物はほぼなし。消化の良い食べ物ばかりでした。

 

でも、この食事の時間まで飲み物も食べ物も一切禁止だったので、どんなにささいな食べ物でも嬉しかったですよ~。トータルで約24時間ぶりの食事です。

 

翌日からはちょっとずつ食事の内容も柔らかいものから出され、手術から2日経った頃には次の写真のような食事もいただけました♪

 

病院食

 

私が入院していた病院では肉類の提供をしないという決まりだったので、肉類はなし。(入院してから知りました。笑)そのかわり野菜がふんだんに使われていたので、肉類がなくても十分美味しかったです。

 

この画像は、キヌアのリゾットとサラダ、スープ(何のスープだったか忘れちゃいました。笑)です。キヌアは食物繊維たっぷりの食材で、このリゾットで大量に摂取できちゃいました。

 

出産後は便秘になりやすいので、食物繊維の多い食べ物や、便秘解消に良いとされる食べ物が他にもたーーーっくさん出てきました。

 

これはすっごくありがたかったです。自分で作るには手間がかかりすぎるものばかりだったし、どれも美味しかったので毎回食事が楽しみでしたよ♪

 

毎日快便だった私も、産後は2日ほど便秘だったんです。しかも毎日看護師さんが来るたびに「今日は出ましたか?」って聞かれるんです。それがちょっとしたプレッシャーにもなってました。(笑)

 

でも食事のおかげかな?手術から3日目、初めての便意がやっときました!お腹の傷が痛くならないか緊張しましたが・・・意外と大丈夫。スルッと終わったので一安心。

 

やっぱり食事って大事ですね。

 

退院後の食事も実は大事!

病院食

退院時に家出の食事についても指導を受けました。ペルーでは帝王切開から3日後に退院です。なので、帝王切開から1周間以内は次の食べ物は避けるようにと言われました。

 

  • チョコレート
  • 香辛料(辛いもの)
  • 豆類

 

これはお腹にガスが溜まりやすいものを避けるため、とのこと。

 

逆に、食物繊維や鉄分を含むものはしっかりと食べるように指示を受けました。便秘を起こさないようにするためと、母乳のためだそうです。

 

私は甘党なので、チョコレートの禁止が辛い〜と訴えると、『最初の1周間だけですよ。それに、超大量に食べなければ大丈夫』と安心の一言を頂きました!確かに、1週間を過ぎてからでもチョコレートを食べるとガスが溜まって傷口が痛いことがあります。(食べるのをやめろよって話ですよね。笑)

 

手術後の1週間は避けるように言われたのも納得です。帝王切開後はできるだけガスの溜まりにくいものを食べるのが良いんだと、身を持って実感中しました。(笑)帝王切開から2ヶ月を過ぎた今でも、ガスがお腹に溜まっている時はときどき傷が少し痛みます。

 

サプリメントで栄養バランスを整える

Caesarean section 帝王切開 ダイエット

私は産後の食事は、母乳のことも考えてサプリメントを摂取しています。あとは、体重管理をするためにも置き換えダイエット用のスムージーも飲んだりすることも。

 

産後の体だからこそ、回復力を高めるのも大事ですよね。

 

もちろん、お腹の傷が痛まなようにお腹にガスが溜まるのを避けて、便秘になることを予防することも大切だと実感しています。傷がズキズキすると辛いですからね〜。

 

赤ちゃんのためにも、バランスの良い食事を摂れるのが理想的!と思います。(お世話をしながらは大変ですけどね・・・。苦笑)